占い方☆ケルト法

ケルト法.jpg


古代ケルト族の十字に円を組合わせた形を模しています。
一つの問題を、深く調べるのに適しています。


タロットカードは左側に十字と右側に直線に10枚で構成され、それぞれのカードには以下のような意味があり、それをもとに占います。

1枚目:現在の状況 (質問者の問題や姿勢や悩み)
2枚目:キーカード 障害(質問者を妨げるもの又は原因となるもの)
3枚目:望みうる最高の状態 顕在性(質問者が問題をどのように捕らえているか)
4枚目:遠い過去の状況 潜在性(質問者の意識に潜むもの)
5枚目:近い過去の状況 (問題の過去のつながり又は原因)
6枚目:未来の状況 (未来に起こりそうな事)
7枚目:本人の気持ち (問題の今後又はとるべき対策の鍵)
8枚目:周囲の状況 (質問者を取り巻く周囲の環境や影響)
9枚目:理想または恐れ 願望/限界(質問者の望むものとその限界)
10枚目: 最終予想(表示されたカードを集約した上での結末


特に右側の直線部分(問題、環境、願望/限界、最終予想)は運命からのメッセージです。